カードローン利用で必須の「金利の仕組み」を理解する

金利消費者金融や銀行からお金を借りる方法として知られる「カードローン」には、その他の信用取引・金銭貸借契約と同様に「金利」が設定されます。
個人間の借金であれば「無利息」という契約状態になることも少なくありませんが、貸金業者を利用した借金の場合にはそういった状況になることはまずありません。
というのも、貸金業者にとってはそれが収入源であり、それをなくしてしまうと言うことは自社の利益を放棄することと同義です。

その為、少なくとも貸金業者を通常利用する場合には避けては通れないものである以上、しっかりと仕組みを理解しておくことが大切です。
仕組みを理解することによって「負担を減らせる」「効率が上がる」と言ったメリットがあるので、しっかりと覚えておきましょう。

まず最初に種類について説明します。
金利には「アドオン利率と実質年率」という二つの種類があり、どちらの意味合いで提示されている金利なのかによって大きな違いがあります。
前者に関しては「元金に対する支払い利息のみの割合」を表しているものですが、後者は「その他手数料までを含む基本的な利用時に掛かるコスト全ての割合」を表しています。

つまり、「会費として毎月1000円かかる」と言った場合であれば、あらかじめその分の負担を割合として含めてしまっているものが実質年率であり、別途徴収される形になるのがアドオン利率となります。
要するに、同じ金利設定だった場合には「実質年率の方が負担が少ない」ということです。

実際に適用される金利がどの程度になるのかは審査によって決まりますが、おおむね設定される範囲は商品案内などに明記されています。
ただ、「金利4.5~17.8%」と言った具合で表示されているので、実際に結果が出るまでは具体的な数値は不明です。
しかし、「金利は融資上限金額が高くなればなるほど(最高額に近づくほど)低くなる」という特徴がある為、最高500万円までの融資に対応しているカードローンの場合、100万円以下の上限が設定された場合には最大金利での契約となる可能性が高くなります。